オップラ!

日仏ファミリー目線で綴るカナダフランス語圏ケベック。時々フランス・文房具

【肉なしレシピ】お肉みたい!高野豆腐で作るミート「レス」ボロネーゼソース【ベジタリアン】


我が家では今後お肉を食べる頻度は少しずつ減らしていけたらいいなと考えています。

 

特に強い信念があるわけではないのですが、主に健康のため。完全に菜食にするのは難しいかもしれないけれど、無理をしないで続けていけることをやっていきます。

 

でも「我慢している感」や「明らかに何か足りない感」のあるものは、作っていても食べていても楽しくありません。

 

だからベジタリアン料理でも肉食の私たちがちゃんと満足できるものを作りたいというのが私のちょっとしたこだわり。

 

今日はお肉好きな方にもきっと満足してもらえる、高野豆腐を使ったミートソースもといミートレスソースをご紹介します!
 

【ベジタリアンボロネーゼ】ミート「レス」ソース

材料(たっぷり4人分)

  • 玉ねぎ 1個
  • ニンジン 1本
  • セロリ 10センチの長さ
  • ニンニク 1かけ
  • トマト水煮缶 1個
  • トマトピューレ 大さじ1
  • 赤ワイン 100ml
  • 高野豆腐 乾燥した状態で60g
  • 顆粒かキューブの野菜コンソメ* 水に溶いて400mlくらい分
  • ローリエ・ブーケガルニなどのハーブ お好みで
  • 塩・コショウ 少々
  • オリーブオイル 少々

*自家製ベジタブルブロスを使ってもいいです。ベジタブルブロスの作り方はこちらで紹介しました。簡単なのに手作りするとおいしいですよ!

www.keira-p101.com

作り方

  1. 玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ニンニクは全てみじん切りにする。
  2. 高野豆腐を水に浸して戻しておく。
  3. フードプロセッサーなどで2の高野豆腐を細かくする。

  4. オリーブオイルを敷いた鍋で玉ねぎ、ニンニクを炒めしんなりしたら、次にニンジン、セロリを入れてしばらく炒め、最後に3の高野豆腐を入れて2~3分炒める。
  5. トマトペーストを入れてさらに少し炒めて香りを出す。
  6. 赤ワイン、トマトの水煮缶を入れアルコールが飛んだら水に溶いた野菜コンソメを投入。蓋をして1時間くらい煮込む。

この状態では卵や乳製品も入っていないのでヴィーガン対応です。クリーンな味わいですっきりおいしい。クリームやバターで仕上げるとベジタリアン対応。するともう少しリッチでまろやかになります。

 

おまけ:セロリの保存方法

うちではセロリは基本食べないのですが、イタリアンやフレンチの煮込み系料理のベースにだけ使っています。

 

使う量も回数も少ないけれど、いざというときのためにいつもストックしておきたい。そこで私が思いついたのがこの方法。

 

セロリを買って来たら、筋と葉を取り除き細かいダイス状にカットして、その日使う分だけ分けたら、残りは保存袋に入れて冷凍します。

料理に使うときは冷凍庫から出して使う分だけ取ったら、冷凍のままお鍋に入れちゃいます。

 

常に冷凍庫にセロリがあるようにしているので、料理中に突然セロリがほしくなっても大丈夫!

 

おわりに

ほかの家族はお肉が大好きという場合、自分一人だけベジタリアンを貫くのは大変です。家族を説得するか自分だけ別のものを作って食べるか。それも面倒ですよね。

 

このソースはお肉好きも満足できること間違いなしなので、遠慮することなく家族全員でベジタリアン料理を食べられます。

 

パスタやラザニアのほか、カレー粉やルーをプラスしてキーマカレーに変身させるなどいろんな料理に使えます。ぜひお試しください!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

【関連記事】

www.keira-p101.com