読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オップラ!

小さな「よいしょ!」の積み重ね、そしてバレットジャーナル

口コミやガイドブックに頼りっきりの旅は面白くない

スポンサーリンク


私は旅行中、何でもないスーパーやドラッグストア、地元のマーケットなんかに行くのが好きです。特に海外旅行の場合だと。

 

そういう生活密着系の店はともかく、交通手段や観光情報などはガイドブックや口コミサイトを利用します。治安の情報なんかもあって便利ですよね。

 

f:id:keira-p:20170325104332j:plain 

でも時々口コミやガイドブックに頼りすぎて、何をやっているんだろうと思うことがあります。

 

ガイドブックに思うこと

本にもよりますが、中には「〇日滞在コース」みたいな感じで滞在日数別にルートと所要時間が書いてあるようなものもありますよね。

 

それだけじゃなくて食事をするレストラン、マッサージ店の場所、さらにはお土産は関係性別で「お友達向け」「両親向け」「同僚向け」と親切に提案してくれる本も。

 

こういうガイドブックも過去に買ったことがありました。写真やデザインがかわいらしいので見ていて楽しいです。

 

実際その通りに旅をしたことはないですが、一部を参考にしたことはあります。でもやってみてなんとなく違和感を感じました。

 

答え合わせみたいになる

その違和感は、ガイドブックとの答え合わせみたいな感じになってしまうことです。

 

【ガイドブック】:朝起きて、何時にホテルを出発。最初は世界遺産のここに向かいましょう。滞在時間は30分です。

 

【私】:あー!あった!ガイドブック通り!ここには30分滞在できるぞー!

 

【ガイドブック】:さあ、ランチの時間です。観光客に人気のこのレストランに行きましょう!メニューは名物のこれをぜひ食べてみて!

 

【私】:わー、おいしそう、写真の通りだ~。

 

【ガイドブック】:お土産は両親におすすめはここのお店のこれ!同僚へのばらまき土産はプチプラのこちらがいいです。

 

【私】:お土産は、両親2人と同僚15人と…だからこことあそこのお店に行かなくちゃ~。

 

なんかこれっておかしいなあと思うわけです。  

 

いい経験をしたい

旅の目的は人や行く場所それぞれなので正解はありません。自分で楽しめるように過ごすのが一番。

 

でもどんな旅だろうが「いい経験にしたい」というのは共通しているのではないでしょうか。旅行は期間限定で非日常を経験することなので、失敗したくないんですよね。

 

だからガイドブックや口コミサイトで検索して、評判のいいホテルに泊まり、レストランで食事をし、観光地に行きということになってしまうのかなと思います。

 

何も調べずにふらっと入ったレストランが高いのにまずかったら嫌ですし……。

 

私の旅の目的

これだけネットが発達していてテレビもあって、世界遺産や有名な観光スポットや有名な食べ物は現地に行かなくても見ることができる、知ることができる、作って食べることができる。

 

つまりガイドブックに載っていることのほとんどを、行かなくても疑似的に体験することができるんです。

 

そういう時代だからこそ、私にとっては自分がその土地に行くことでしか体験できないことをするのが旅の面白さです。だから現地のスーパーに行って洗剤やトイレットペーパーを見たりするのが好きなのかも(笑)

 

でも安全の確保など基本的なことを超えて、ガイドブックや口コミにガチガチになっちゃうのではその醍醐味を味わえませんよね。

 

ふらっと入った道に素敵なお店を見つけたから入ってみるとか、そういう風に私は楽しみたいです。

 

でもついついスマホで目の前のお店の口コミを確認して、評判があまりよくないと入るのをやめてしまったり。こんなことするのは私だけですかね?

 

自分はそのお店の目の前にいて良さそうと思っているのに、ネット上で誰かが以前書いた情報のほうを信じて入るのをやめてしまうんです。

 

これじゃ極端な話、旅系サイトを見たりテレビの旅行番組を見るだけでもいいんじゃないかと思っちゃいます。

 

おわりに

旅行は非日常だからこそ予定とは違うサプライズがあります。自分で予定やすることをコントロールできる日常とは違うんだから、それでいいんです。

 

そう考えることができれば「失敗したくない」という思いで、口コミやガイドブックに頼りっきりになることもなくなるかもしれません。

 

ちょっと残念な場所に行ったりお店に入っても、それを旅の思い出として面白かったと思えたらいいですよね。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

ブログランキングに参加しています。
どちらかクリックで応援していただけたら嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ