オップラ!

日仏ファミリー目線で綴るカナダフランス語圏ケベック。時々フランス・文房具

3年間使った「引き寄せる」手帳!はづき虹映さんの 『魔法の手帳』レビュー


今年も残るところ3か月。そろそろ手帳を新調する方も多いのではないでしょうか。私は悩みましたが、今まで使っていた手帳から、バレットジャーナル一本にステップアップすることに決めました。

 

今までの手帳は3年間使っていました。願いが叶ったり、モチベーションアップになったりすごく良い手帳だったので、今日は感謝を込めてはづき虹映さんの『魔法の手帳』のレビューをします!

※2017/9/12:この記事を書いたのは2016年ですが、2018年の手帳のものがもうすぐ発売なのでリンクを更新しました!

 

どんな手帳なのか

マンスリーとバーチカルのウィークリーがあるところは普通の手帳と変わりません。違うのは、ところどころにメッセージが書かれているところです。これは、カバラ数秘術がベースになっているらしいです。

 

私自身は占いには全く興味がないのですが、毎月ウィークリーの初めに書かれているメッセージは、「ノージャッジメント」で生きていくためにモチベーションが上がる内容ばかり。

 

ウィークリーの見開きにも、その週に心がけたい事が書いてあります。そして、「365のThanks」という小さな欄があり、毎日感謝したい事を書き留めることができます。

 

手帳の始まりには、「パーソナルマップ」、「過去と未来プランニング」、「年間プラン」などがあります。

 

パーソナルマップ

「恋愛・家族」、「仕事・お金」、「身体・健康」、「趣味・ライフワーク」のそれぞれの分野でやりたい事、叶えたい夢などをマインドマップ形式で書き込んでいきます。

 

過去と未来プランニング

その年を中心に過去7年・未来8年を、先ほどと同じ「恋愛・家族」、「仕事・お金」、「身体・健康」、「趣味・ライフワーク」の4つの項目と「主な出来事/プラン」に分けて整理していくものです。

 

過去7年については、自分年表のように自分のことを振り返る機会になります。未来8年の項目では、「20○○年にどうなっていたいか」を書いていきます。願い事手帳みたいなものですね。

 

年間プラン

12か月分の枠があり、それぞれの月に心がけたい事のメッセージが書いてあります。その下に自分がやりたい事、その月の予定を入れます。 

 

使い始めた経緯

はづきさんの手帳を使うのは今年で3年目。1年目はふと入った雑貨屋さんで偶然見つけました。その頃は引き寄せの法則関連の本をたくさん読んでいた時期でした。

 

この手帳には引き寄せの法則のことは書いてないものの、考え方には共通することが多くあったので迷うことなくその場で買いました。

 

(※はづきさんは引き寄せの法則の本もいくつか出している方でした!) 

 

そして1年使ってみるとすごく良かったんです。なんでもすぐ三日坊主になってしまう私ですが、この手帳に書き込んでいくことで計画的に行動することができました。叶った願いは少なくないです。

 

2年目は、またこの手帳を使いたいと思っていて友達に何気なく話したところ、自分の分と一緒に私の分も買ってプレゼントしてくれました。これも引き寄せですよね!

 

3年目の今年は迷うことなくアマゾンで買いました。

f:id:keira-p:20161004203216j:plain

 

マイナスポイントを敢えて一つ挙げるとしたら、表紙が完全に女子向けになっているところですかね。

 

可愛すぎて手に取ることを一瞬ためらってしまいます。中身は男性が使ってもいいものなので、2017年度版もピンクでキラキラしていることだけが少し残念です。

 

おわりに

書いてあるメッセージは、どれも「頑張ろう!」と思わせてくれるものばかりです。まだ来年の手帳を買っていない方は、この『魔法の手帳』も検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪