オップラ!

小さな「よいしょ!」の積み重ね、そしてバレットジャーナル

【簡単DIY】バニラシュガー&エキストラクトの作り方

スポンサーリンク

こんにちは。パソコンが壊れてしまってレユニオン滞在中に書けなかったことをしばらく書いていきたいと思います。

 

今日はバニラについて。

f:id:keira-p:20170117210047j:plain

 

レユニオンのバニラ

バニラビーンズが使われているコンビニスイーツなどで見かけるのはマダガスカル産やタヒチ産のもの。ほかにはインドネシアなども産地だそうですが、レユニオンも少量ではあるもののバニラを生産しています。

 

レユニオン産はブルボンバニラと呼ばれて品質の高さで有名なのだそうです。

 

滞在先の近くで毎週土曜日にやっていたマルシェにも、バニラが売ってました。種類が豊富で大量な唐辛子とショウガの間に黒く輝く物体。

f:id:keira-p:20170117210245j:plain

 

これがバニラです。このお店では3本5ユーロ(約600円)、6本10ユーロ(約1,200円)で販売していました。

f:id:keira-p:20170117210258j:plain

 

近年はバニラの値段が上がってきているそうですが、それでも日本に比べると安いんじゃでしょうか。

 

ところで、日本で売っているバニラエッセンスは安価なものには合成物も出回っているそうです。私が昔使っていたのは合成だったのかもしれないと思ったのは、数年前に夫の実家で初めてレユニオンのバニラの香りをかいだ時。

 

それまでお菓子作りに使ってきて知っているバニラの香りとは明らかに違ったんです。香りを言葉で表すのは難しいですが、自然で優しいバニラの甘い香り。

 

バニラの使い道

デザートに使うイメージが強いですが、ロブスターやホタテなどのシーフードと合わせてもいいんですよ ^^ 。

 

そんなバニラをぜいたくにも義両親からたくさんいただいたので、料理やお菓子作りのほかに、長持ちする2つの使い方をしてみました。

 

バニラシュガー

f:id:keira-p:20170117205056j:plain

お砂糖にバニラを丸ごと入れておくだけ。しばらくすると砂糖にバニラのいい香りが移ります。これをコーヒーや紅茶に入れるだけで、ほんのりバニラの香りがするドリンクの出来上がりです。

 

バニラビーンズを取り除いた後の房だけを砂糖の中に入れるだけでも十分いい香りがします。お菓子作りの後に房を捨てないで、ぜひバニラシュガーを作っていただきたいです。

 

バニラエキストラクト

f:id:keira-p:20170117205012j:plain

こちらも簡単です。バニラビーンズを、ウォッカやテキーラなどのアルコール度数の高いお酒につけておくだけ。少しづつ色が変わってきてバニラの香りがアルコールに移っていきます。

 

上の写真はずっと前に作ったもの。確かウォッカを使ったはずです。お菓子作りの時にバニラエッセンスと同じように(分量はもっと多め)使います。

 

昔ブログでご紹介したことがあるレイチェル・クーはラム酒に漬けていました。

www.keira-p101.com

 

ちなみに、レユニオンではラム酒の原料となるサトウキビの栽培が盛んです。そしてラムアロンジェという、ラム酒にフルーツなどを漬け込んだお酒も有名なんですが、中にはバニラを漬け込んだものもありましたよ。

 

お菓子に使うならラムだと独特の風味があるので、他のお酒を使ったほうがいいですね。レイチェル・クーも多分あれは飲むためのものだったんだと思います。

 

せっかく手に入れたバニラもしばらくすると乾燥して固くなり、ビーンズをこそぎとることができなくなってしまいます。そういう古いバニラもこの二つの使い方をすれば長く楽しめますよ。

 

もしバニラが手に入ったら試してみてくださいね。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

【関連記事】

www.keira-p101.com