オップラ!

日仏ファミリー目線で綴るカナダフランス語圏ケベック。時々フランス・文房具

【レユニオンの食べ物】フランス・インド・中国・マダガスカルなどがミックスした独特の食文化


 

f:id:keira-p:20170111205002j:plain

今家族でフランスの海外県レユニオンに来ています。レユニオンにはフランス系、アフリカ系、マダガスカル系、インド系、中国系などの人たちがいるので、独特のクレオールという文化が歴史の中で作られてきました。

 

今日はその中でも食文化にフォーカスしたいと思います。

 

フランス料理

レユニオンは国としてはフランスの一部なので、スーパーに行くとフランスのものは基本的に何でも手に入ります。さすがフランス、チーズとワインの品ぞろえがものすごいことになっています。

f:id:keira-p:20170109215153j:plain

 

ワインのコーナーはこの写真の3倍。

f:id:keira-p:20170109215203j:plain

 

パン屋さんにはバゲット、クロワッサン、パンオショコラなどフランスのパンが勢ぞろい。

f:id:keira-p:20170111202338j:plain

 

下はある日の私の朝ごはん、ブラックコーヒーとパンオショコラです。

f:id:keira-p:20161229191135j:plain

 

そしてデザート。タルト、エクレア、パリブレストなど、おいしそうなものがいっぱい。

f:id:keira-p:20161229191902j:plain

 

これは手のひらサイズの巨大なマカロン。でもマカロンは可愛い一口サイズでちょうどいいかな。

f:id:keira-p:20161229191905j:plain

 

と、ここまではヨーロッパのフランスと同じ。でもレユニオン特有の食べ物・飲み物もたくさんありますよ。まずは飲み物から。

 

ご当地ドリンク

こちらはレユニオンのご当地ビール。名前はブルボンですが、イラストのドードー鳥にちなんでみんなドードーと呼んでいます。「ドードー飲む?」みたいな感じで。

f:id:keira-p:20170111203900j:plain

 

王冠もかわいいドードーのデザイン。

f:id:keira-p:20170111202714j:plain

上の写真は旧デザインで、新しいデザインはこちら。

f:id:keira-p:20170111204007j:plain

私は旧デザインのほうが好きだなー。

 

街中を車で走っているとこのビールの広告を必ずと言っていいほど見かけます。

f:id:keira-p:20170111230301j:plain

 

こちらはご当地炭酸飲料のコット。レモンっぽい感じですが、なんだか独特。私はあまり好きな味ではありませんでした。

f:id:keira-p:20170111204032j:plain

 

独特なクレオール料理

レユニオンの現地の料理、人、言葉をすべてクレオールと呼びます。クレオールの代表的な料理に、先日ご紹介したカリプレがあります。

www.keira-p101.com

他には中国・インドなどの影響を受けている食べ物を、屋台やテイクアウトで気軽に買って味わうことができます。

 

下は春巻きとサモサです。サモサは普通はカレー風味のマッシュポテトに野菜を混ぜたものが入ったインド料理ですが、レユニオンでは中華の影響でチャーシューみたいなものや、フランスのチーズが入っているものもあります。

f:id:keira-p:20161229192115j:plain

f:id:keira-p:20161229192121j:plain

 

こちらはテイクアウトのチャイニーズ。

f:id:keira-p:20170112000514j:plain

 

こういう箱に入れてくれるんですが、こういうテイクアウトのことをバーケット(barquette)と呼ぶそうです。

 

肉野菜炒めみたいな具がたっぷりなご飯の上にのって、6ユーロ。

f:id:keira-p:20170109222718j:plain

 

クレオール料理には必ず、「ピマン」という辛いサルサの様なものがついてきます。ちなみにピマン(Piment)はフランス語の唐辛子。日本語のピーマンの語源です。

 

そして私が衝撃を受けた極めつけは、こういう屋台で売っている地元の人のファーストフードのサンドイッチです。

f:id:keira-p:20170109223511j:plain

 

こちら!

f:id:keira-p:20161229192358j:plain

名前はパン・ブション・アメリカン。

 

バゲットにシュウマイとフライドポテトを挟んで、ケチャップマヨネーズをかけ、その上にチーズをのせてオーブンで焼いもの(笑)。

 

もうここまでくると訳が分かりません。

 

「シュウマイとフライドポテトはパンにはさむものじゃないでしょ!?」と突っ込みたいところですが、焼きそばをパンにはさんでいる国の人間が言うことじゃないですね(笑)。

 

おわりに

フランスは食事がおいしいけれど、バターやクリームがリッチな食事をしているとアジアっぽい味が恋しくなってくるところです。

 

レユニオンではこんな感じで醤油の味やごはんがそこら中にあるので、日本人が食でホームシックを感じにくい旅先かもしれません。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

【関連記事】

www.keira-p101.com

www.keira-p101.com