オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

こんな食べ方もあった!クレープのグラタン風「クレープベシャメル」

夏の間、夫から何度リクエストがあっても断り続けていた料理があります。先日書いたクレープ生地を使ったお食事クレープなのですが、何枚も焼いた上でさらにそれを作るのが暑くて暑くて……

 

そろそろ作ってあげようとちょっと前から思っていて、やっとこの間作りました!

 

フランス人夫のおふくろの味「クレープベシャメル」。クレープをグラタンみたいにしてオーブンで焼いちゃいます。

 

クレープ3部作の最後です。前の2つの記事はこちら↓

Episode 1

www.keira-p101.com

Episode 2

www.keira-p101.com

 

Crêpes Béchamel(クレープベシャメル)

f:id:keira-p:20160915214257j:plain

 

材料

  • クレープ…レシピはEpisode 1をご覧ください↑
  • ベシャメル(ホワイト)ソース…レシピはこちら。(クックパッドにとびます)
  • ナツメグ
  • ホワイトペッパー
  • 溶けるチーズ
  • 玉ねぎ
  • ハム
  • お好きなキノコ
  • オリーブオイル
  • 塩・コショウ
  • タイム
  • バター

作り方

  1. オーブンを200℃に熱しておく
  2. ベシャメルソースにはナツメグ、ホワイトペッパー、塩で味をつけておく。
  3. 玉ねぎはみじん切り、ハムとキノコは食べやすい大きさに切る。
  4. オリーブオイルをひいたフライパンで3を炒め、塩・コショウ、タイムで味をつける。
  5.  焼いたクレープの真ん中に、ベシャメルソース、4、溶けるチーズの順番で乗せて折りたたむ。 たたみ方はこちら↓

    f:id:keira-p:20160915214317j:plain

  6. 人数分作ったら、バターを塗ったグラタン皿などに並べて、その上からさらにベシャメルソースとチーズをかけ、オーブンでチーズが溶けていい色がつくまで焼く(約20分)。

 

今回使ったキノコは、エリンギ、しめじ、えのきです。フランスの義母はマッシュルームを使い、玉ねぎは入れないみたいです。

 

クリーミーなので、さっぱり系のドレッシングで味付けしたサラダと一緒に食べると相性がいいです。サラダを作るのが面倒だったら、コーニション(ピクルス)を添えてもいいと思います。 

 

残った材料があれば、翌日に各自で作って食べます。その時は面倒なのでオーブンで焼きません。(そうなるともうグラタンではないですが。)

 

おわりに

中に入れる具はうちではいつもハムときのこですが、いろいろ変えてみると面白いんじゃないかと思います。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

【関連記事】

翌朝の朝ご飯は、各自好きな甘いクレープを作って食べます。おすすめの食べ方はEpisode 1を見てね (^_-)-☆

www.keira-p101.com