オップラ!

小さな「よいしょ!」の積み重ね、そしてバレットジャーナル

フランスの冷凍食品専門店「ピカール」が日本でついにオープン!メニューや特徴など

スポンサーリンク

フランスで、好きな企業ランキング2位に位置するのが冷凍食品専門店「ピカール」です。日本でもついに11月23日実店舗がオープンすることになりました!

 

 

年内に3店舗オープン

今まではイオンで販売していましたが、まずは11月23日に青山骨董通り店、次に12月2日に中目黒店、そして12月9日に麻布十番店と続けてオープンします。

 

11月17日にはすでにオンラインショップも始まっています。

Picard(ピカール)冷凍食品 Online Shop トップページ

 

オンラインショップのメニューを見てみると、カテゴリーはあるものの今のところお肉や魚の販売はしていません。ブランド案内も今はまだフランス語のみなので、これから充実していくのかなといった感じです。

 

気になる商品は?

グリーンピースなどの茹で野菜もありますが、グラタンなどのフランスらしい料理もそろっています。

 

f:id:keira-p:20161121172254j:plain

サーモンのパイ包み焼き | Picard(ピカール) Online Shop

このサーモンはパーティのメイン料理として出したら歓声が上がりそうですね。6皿分で3,219円(税込)。

 

f:id:keira-p:20161121172516j:plain

食いしん坊のミニエクレア (ピスタチオ、フランボアーズ、チョコレート、レモンメレンゲ) | Picard(ピカール) Online Shop

フランス菓子の定番エクレアもカラフルでかわいい。12個入って1,599円(税込)。

 

お料理に関しては、普段使いというよりはパーティで出すような品揃えです。日本ではあまり見かけないアーティチョークやフォアグラなどもおいているみたいです。

 

ピカールの特徴

冷凍食品というと品質は劣るけど便利で安いというイメージがありますが、ピカールはクオリティの高い料理と、年間200もの新商品で顧客の満足度を高めているのだそうです。

 

殺虫剤や肥料の使用を厳しく制限して、品質の良いフランス産の原料を使った商品を作っています。オーガニック商品「BIO」も扱いがあります。

 

現在はフランスのほかにイタリア、スウェーデン、ベルギー、スイス、ルクセンブルグに店舗があり、イギリスではもうすぐネットスーパーOcadoと提携してオンラインでの販売が始まります。ヨーロッパ以外では日本が初の出店です。

 

冷凍食品専門店の店内の様子

冷凍食品専門店というのは日本では見かけないので、どういうものなのか気になりますよね。私が冷凍食品専門店に初めて入ったのは、イギリスのIcelandというお店だったのですが、軽く衝撃を受けました。

 

野菜などの生鮮食品は基本置いておらず、店内には巨大な冷凍庫だけがずらーっと並んでいて不思議です。

 

こちらはフランスのピカールの写真。

f:id:keira-p:20161121152702j:plain

出典:No. 3: Picard | 365+ Things I Love About France

 

高級冷凍食品という新ジャンル

アメリカの料理サイトThe Kitchnによれば、アメリカでは冷凍食品は安いものというイメージがあるので、高いお金を払うなら新鮮な生の食材を買うだろうという理由で出店は難しいとしています。

 

日本ではお弁当のおかずのイメージが加わりますが、大体アメリカと同じじゃないかと思います。新しい高級というジャンルの冷凍食品がどうなるのか今後に注目です。

 

おわりに

近くに行く機会があったら買って食べてみてまたブログにアップします!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

【関連記事】

www.keira-p101.com