オップラ!

小さな「よいしょ!」の積み重ね、そしてバレットジャーナル

海外のバレットジャーナルファンおすすめノート「Leuchtturm1917」購入!モレスキンとの違いは?

スポンサーリンク

ノートとペンさえあれば手作りの手帳「バレットジャーナル」は始められます。別に高価なものは必要ありません。コンビニや100均で揃えたっていいんです。

 

にもかかわらず、海外のほとんどのバレットジャーナルファンたちが2,000円台の「Leuchtturm1917」というノートを使い、おすすめしています。

 

気になったので、私も来年に向けて買ってしまいました!手元に届いたのでレビューを書きたいと思います。見た目や価格帯が似ているモレスキンとの違いも調べました。

 

届きました

Leuchtturm社(ロイヒトトゥルム)は1917年に設立したドイツの文具メーカーです。

 

オススメされているのはミディアムサイズ(A5)のドットタイプだったので、私もそれを選びました。

 

アマゾンで注文して数日で届きました。プライム対象ではなく、出品しているお店からの発送でした。値段は2,376円+送料240円でした。

f:id:keira-p:20160924160229j:plain 

ビニールを外したところ。

 

色は迷いました。カラフルなのもかわいいなーと。でも今回はトープという落ち着いた色にしました。思っていたよりもカーキに近くてびっくりしましたが、いいんです。これも素敵だから。

 

開きました

それでは中を見てみましょう。ハードカバーの表紙をめくると、説明書とサンキューカード(英語・フランス語・ドイツ語)

f:id:keira-p:20160924160618j:plain

 

メイドイン台湾でした(デザインはドイツ)。

f:id:keira-p:20160924160634j:plain

帯に書かれたドイツ語、英語、フランス語での説明書きの中身は…

  • 249ページ(ページナンバー入り)
  • 目次ページ
  • 切り離せるページ8枚
  • 伸縮するポケット
  • しおり紐とゴムバンド
  • 平らに開くような製本
  • ラベルステッカー
  • 145×210mm
  • インクが裏抜けしない紙
  • 中性紙

 

f:id:keira-p:20160924160629j:plain 

 

表紙と背表紙に使えるラベルステッカーが3枚ずつ。

f:id:keira-p:20160924160701j:plain

 

裏表紙の内側にはポケットがついています。そこにさっきの説明書や帯をしまっておくことにしました。

f:id:keira-p:20160924160706j:plain

f:id:keira-p:20160924160714j:plain

 

しおり紐は2本ついていて、一つはストライプ。どのカラーもそうなのかな?

f:id:keira-p:20160924160723j:plain

 

ハードカバーの表紙を開くと、まず名前と住所を書く欄があります。落としてしまったとき、拾った人が返す際に連絡するためなのだとか。

f:id:keira-p:20160924162004j:plain

f:id:keira-p:20160924162813j:plain

 

そのページをめくると、一枚はさんで目次が出てきます。全部で3ページ。

f:id:keira-p:20160924162007j:plain

ここにもドイツ語・英語・フランス語。

f:id:keira-p:20160924162815j:plain

 

ドットはこんな感じです。端にはページ番号が書かれています。紙は薄いクリーム色。

f:id:keira-p:20160924160654j:plain

バレットジャーナルに不可欠な、目次とページナンバーがもともと入っているのがうれしいです。

 

最後の8枚(P.235~249)は切り取り線が入っていて切り離せるようになっていました。

 

モレスキンとはどう違う?

ここまで来て思った方もいると思うのですが、Moleskin(モレスキン)のノートにとても似てますよね。モレスキンでバレットジャーナルをやっている方もいますので、違いが気になるところです。

 

比較しているビデオがありました(英語)。

www.youtube.com

まとめるとこんな感じ。

  • 横幅:モレスキンのほうが狭い
  • 表紙:モレスキンはソフトカバー(※ハードカバーもあります。)
  • ゴムバンド:モレスキンのほうがゆるい
  • ページ数:モレスキンは192ページ(Leuchtturmは249ページ)
  • ステッカー:モレスキンにステッカーはない
  • インク:モレスキンはインクのにじみや裏抜けがある
  • 紙色:モレスキンのほうが濃いクリーム色
  • しおり紐:モレスキンは1本のみ(Leuchtturmは2本)

 

以上のことから、こちらのユーチューバーKaraさんは、Leuchtturm1917をおすすめしています。

 

バレットジャーナルファンがLeuchtturm1917を選んでいる一番の理由は、目次ページとページナンバーがついてくるからですが、ほかにも優れた点がたくさんあるのが分かりました。

 

カラーも豊富。ゴールドなどの限定色も出しているみたいです。私が今回買ったのはドットタイプですが、罫線、無地、方眼タイプもありますよ。

f:id:keira-p:20160924164129j:plain

https://www.leuchtturm1917.us

なんというかもう、ため息が出ちゃいます。はぁ、美しい……。コレクションしたくなります。

 

おわりに

「Leuchtturm1917」は見た目も素敵で、インデックスページやページ番号がもともとついていることから、バレットジャーナル用としてたくさんの人に選ばれています。

 

ノートとしては安いものではないですが、自作の手帳がかっこよく作れ、分かりやすく保存できることを考えると、決して高い買い物ではないんじゃないかなと思います。

 

使うのが楽しみです ^^ 。それに、もう今から2冊目の色を考えてワクワクしています。今度は何色にしようかな。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

【お知らせ】 

※バレットジャーナルについての記事をまとめたカテゴリーを作りました!

www.keira-p101.com

ブログランキングに参加しています。
どちらかクリックで応援していただけたら嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ