オップラ!

小さな「よいしょ!」の積み重ね、そしてバレットジャーナル

1歳の娘お気に入りの絵本はイラストのインパクト大だけどオススメ!

スポンサーリンク

娘は1歳過ぎたころから急に絵本に興味を持ち始めました。

 

突然目覚めるものなんですね。読んでほしそうに一日に何回も本を持ってくる姿がかわいいです^^

f:id:keira-p:20170226192440j:plain

そんな娘の最近の一番のお気に入り2冊をご紹介します。

それではいってみましょう、オップラ~♪

 

シュールなイラストの果物と野菜のシリーズ

『くだものさん』

葉っぱに隠れた果物が、仕掛けをあけると「ぽろりん」と出てくる『くだものさん』。

 

『やさいさん』

こちらは土に埋まっている根菜が「すっぽーん」と出てくる仕組み。

 

おすすめの理由

小さい子向けの本ですが、果物、野菜の葉っぱの特徴がしっかり描かれています。

 

日ごろ食べているものがどこからきているのか関心を持ってほしいので、こうやって小さいころから遊びで食育できるのはいいですね。

 

なかなかインパクトのあるシュールなイラストですが、ペラっと仕掛けをめくると果物や野菜が出てくるのが娘にとってはとても楽しいみたいです。

 

果物は下に、野菜は上にめくるようになっているのも刺激になってよさそうです。自分でめくれるようにもなってきました。

 

アマゾンでも人気でした

この記事を書くためにアマゾンをチェックしたら、やっぱり評価がよかったです。

 

4.7/5と4.5/5でした。シリーズで累計60万部売り上げているそうです。

 

それがどれだけすごいのかよく分からないのですが、評価が高くて人気の理由は娘の様子を見ても分かります。

 

おわりに

2冊とも私の両親からのおみやげでしたが、最初開いたときはこのイラストにびっくり。なんでこんなの選んだんだろう?と思ってしまいました。(作者の方すみません。)

 

でも娘が気に入った様子を見て納得!

 

プレゼントにもきっと喜ばれると思います。作者が同じ『ぼうし とったら』がご紹介した2冊と一緒になった、セットもありますよ。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

ブログランキングに参加しています。
どちらかクリックで応援していただけたら嬉しいです↓


ブログランキング・にほんブログ村へ