オップラ!

日仏ファミリー目線で綴るカナダフランス語圏ケベック。時々フランス・文房具

【理想の夫婦像】アメリカの大人気コメディドラマのカップルが素敵


         

目指すものがあったとき具体的なイメージがあるとよい、ロールモデルを探すといいと言います。夫婦像についても目指したい先輩カップルがいればいいのですが、残念なことに私は今のところ実在する夫婦では見つけられていません。

 

でもフィクションなら一組素敵だなと思うカップルがいます。その二人が登場するのが海外ドラマ『ママと恋に落ちるまで』です。

 

このドラマについて

一言で言うと、フレンズのカフェのシーンがバーになったようなシットコムです。どちらもニューヨークに住んでいる20代男女の友情や恋をテーマにしたコメディドラマ

 

設定はとてもよく似ていますが、それぞれ別の面白さがあるので片方を観たらもう一つは楽しめないということはありません。二つとも何度も観返したお気に入りドラマです。

 

舞台は現代のニューヨークですが、主人公テッドが2030年になって10代の子供たちに母親となれそめを話しているという設定で進んでいきます。

 

テッドはいろいろな女性と恋に落ちるので、肝心の母親の姿が登場するまでに9シーズンかかります(シーズン9がファイナル)。

 

母親はいったい誰なのか、ファンは毎シーズンいろんな説を出しながら楽しんできましたが、最後のエピソードでは衝撃の結末があります。賛否両論というより否がほとんどでした。

 

感想

コメディですが恋愛や仕事や家族の悩みが時々すごくリアルです。

 

世代もほとんど一緒の私はストーリーと実生活が重なることがあって、観ながら号泣したこともありました(笑)。シーズンが進むにつれそれぞれのキャラが立ってくるのも面白いです。

 

原題は『How I Met Your Mother』。最初に観たのは日本で放送される前だったので、後で日本語のタイトルを知ったときはちょっとびっくりしました。

 

間違ってはないのですが『ママと恋に落ちるまで』の「ママと」というのが一瞬伝わりにくいと思います。

 

「パパがママと出会うまで」の方が分かりやすかったかも。

 

結末に関しては全く予想外で、確か観ながら「えー、何それ!」と声を出した記憶がありますが、ある意味テッドらしいかなと受け止めることにしました。

 

登場人物

メインのキャラをご紹介します。

※カタカナ表記はこのドラマのウィキペディアページに準じています。

 

テッド・モズビー:このドラマの主人公。マーシャル、リリーとは大学時代の同級生で、ドラマ開始時マーシャルとはルームメイト。

 

マーシャル・エリクソン:テッドのルームメイトでロースクールの学生(のちに弁護士になる)。大学時代から付き合っているリリーに最初のエピソードでプロポーズをする。

 

リリー・アルドリン:マーシャルの学生時代からの彼女で幼稚園の先生。テッド、マーシャルとは大学の同級生だった。

 

バーニー・スティンソン:3人が集まるマクローレンズというバーでテッドに声をかけたことから彼らと友達になる。プレイボーイ。

 

ロビン・シャーバスキー:カナダ出身のテレビレポーター。テレビの仕事をするためにニューヨークに引っ越してきた。テッドがマクローレンズで一目ぼれしたことから彼らの仲間に入る。

 

理想のカップル

私にとっての理想の夫婦は、テッドと「母親」、ではなくてリリーとマーシャルです。本当にかわいらしいカップルなんです。

 

テッドが優柔不断でふらふらしていて、バーニーはワンナイトスタンドを続けるという中で、リリーとマーシャルだけは常に安定した関係を築いています。

 

私がこの二人が理想の夫婦だと思う理由は……

 

今でも付き合い始めのカップルのようにラブラブ

学生時代から付き合っていてすごく長い間一緒にいるのに、今でもお互いのことが大好きで付き合い始めのカップルのよう。喧嘩もするけれど必ず仲直り。

 

「カップルはこうじゃないといけない」というのがない

バレンタインに毎年見る映画が『プレデター』、結婚式の後の食事がファストフードなど、既成概念ではロマンティックでなければいけないところでも、自分たちが楽しめることを優先。

 

いつになっても思春期みたいな可愛い愛情表現がある

マーシャルはリリーをリリーパッド、リリーはマーシャルをマーシュマローと可愛いニックネームでお互いを呼ぶ。マーシャルが実家に帰っているときなどは、マーシャルの服を着せた「マーシュピロー」という枕がないとリリーは眠れない。

 

お互いの夢をサポートしている

マーシャルの夢は環境保護専門の弁護士になって世界を救うこと、リリーの夢はヨーロッパに住んでアートを仕事にすること。

 

お互いの短所・変なところを受け入れている

リリーは消費癖があったり、おしゃべりで人の秘密が守れない。マーシャルは人が良すぎたり迷信を信じている。

 

 

と、こんな感じです。

 

リリーとマーシャルの関係は決して完璧でも特別華やかでもありませんが、それでも二人で努力しながら愛し合って家族として成長していくところがリアルで好感が持てるし、目指したいと思えます。

 

おわりに

今日はお気に入り海外ドラマの一つ『ママと恋に落ちるまで』のまとめと、その中に登場する私の理想とするカップルについてお話ししました。私も夫とリリー&マーシャルみたいな夫婦になりたいです。

 

『ママと恋に落ちるまで』はAmazonビデオで公開中です。面白いのでぜひ観てみてください!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

【関連記事】

www.keira-p101.com

www.keira-p101.com