オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

【ル・クルーゼ】新商品「シグニチャー」が気になる!ココットロンドのサイズの選び方。3人暮らしの我が家の場合

       

料理好きなら一つは持っておきたい鋳造ホーロー鍋。ストウブ、シャスール、バーミキュラなどいろいろありますが、我が家では私が独身時代に買ったル・クルーゼの20cmのココットロンドを今でも使っています。

 

新しい「シグニチャー」モデルが今年の8月に発売されたので、2個目を買いたくなってきました。新モデルの特徴とサイズ選びについて解説します!

 

シグニチャーモデルの4つの進化

 

今年の8月に発売したココットロンド「シグニチャー」モデルは、1.ハンドル、2.蓋のつまみ、3.蓋のデザイン、4.エナメル加工がの4つの点が進化したそうです。

 

中でも、私が注目しているのはハンドル!今までよりも45%取っ手が大きくなって、鍋つかみをしたままでも持ち上げやすくなっているのだとか。

 

確かに取っ手が小さくて使いにくいなと思っていました。

 

しかも料理をするとハンドルも熱くなります。鍋つかみの使用は避けられないので、この改善はとても魅力的です。

 

サイズ選び

ココットロンドはサイズが14㎝、16㎝、18cm、20cm、22cm、24㎝の6展開あり、14㎝はベビー用。定番商品は下記の5サイズです。

 

公式サイトでは目安として下記のように書いてあります。

  • 16cm【1~2人分】…容量:1.3L 重さ:2.2㎏
  • 18cm【2~3人分】…容量:1.8L 重さ:2.6kg
  • 20cm【2~4人分】…容量:2.4L 重さ:3.1㎏
  • 22cm【3~5人分】…容量:3.3L 重さ:3.7㎏
  • 24cm【4~6人分】…容量:4.2L 重さ:4.3kg 

 

サイズを選ぶ際に考えたいのは家族の人数、使用目的、重さの3つ

家族の人数

基本上に書いた目安で家族構成によって選べばいいと思います。

 

ポイントは、今後家族の人数に変化があることが分かっているならそれを加味することです。長く使えるものなので、何年も先を見越して自分の家に合ったサイズを選びましょう。

 

例えば、お子さんが独立して、今後ご夫婦だけで生活するようになるなら18cmか20cmを、今はご夫婦だけでも今後お子さんを望んでいるなら、家族分作れるよう22cmや24㎝を、という具合です。

 

使い道

うちでは主に夫婦の煮込み料理と炊飯に使っています。最近煮込み料理には20cmだと少し小さい気がしてきました。

 

一方、その日食べる分のご飯を炊くためだけなら、一つ下の18cmでも大丈夫だったと思います。(目安は16㎝:1合、18cm:2合、20cm:3合、22cm:4合)

 

重さ

24㎝だと4.3kgにもなります。20cmの3.1kgでも洗い物やしまうときに重いと感じるので、大家族だったとしても大きいものを使いこなすのは大変かもしれません。

 

1人暮らしから3人家族へ。次に選ぶならこれ!

f:id:keira-p:20161021200202j:plain

まだ私が一人暮らしをしていた時に、悩みに悩んだ結果買ったのがこちらの20cmのサフランイエロー

 

茹で卵の黄身みたいな柔らかい黄色がすごく気に入っています。もう5年以上使っているため、中は茶色くなってきてしまいましたがまだまだ使えます。

 

f:id:keira-p:20161021200157j:plain

玉ねぎなら並べて3個入れることができました。紫玉ねぎが大きかったのでもう少し小さければ4個まで入ったかも。こんなサイズ感です。

 

サイズは本当に悩みましたが、当時まだ1人暮らしだったので20cmにしました。今は夫婦2人用ですが作り置きには物足りない大きさ。娘が私たちと同じものを食べるようになれば、このサイズだと足りなくなりそうです。

 

今後のことを考えると、今使っている20cmは炊飯用にして、これより大きいものを買い足すのがよさそうです。24㎝は重そうなので、2個目のココットロンドを買うなら22cmにします。

 

以上、ルクルーゼの新しいココットロンドの特徴とサイズ選びについてでした。

 

【関連記事】

www.keira-p101.com

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪