オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

カナダの医療保険会社に保険金を請求。必要書類・手続き期間・支払い方法など


f:id:keira-p:20171008091609j:plain

我が家はカナダにやってきた最初の2か月で娘が急きょ2回も病院にかかることになってしまいました。

 

今まで風邪ぐらいしかかかったことがないのに、州の保険に入れていないこのタイミングでまさか病院に行くとは!

 

でも州の保険待期期間中の人達向けの民間の保険に入っていたおかげで、医療費の負担が全くありませんでした。

 

先日無事保険金が支払われましたよ。よかったよかった。

 

そこで今日の記事では、保険金請求の一連の流れについてレポートします。

 

当日病院での支払いについて

まとまった金額を一時的にでも支払うのは、移住したばかりでお金が必要な身にはつらいものです。

 

そんな方のためにか、病院そして保険会社によって、病院⇔保険会社間で支払いを直接行ってくれる場合があります。

 

我が家の場合は1つ目の病院は直接支払いに対応してくれたのですが、2つ目はできないと言われました。

 

この直接支払いに対応してもらえない場合は、いったんは自己負担で病院に支払い、後日保険会社から保険金が支払われます。

 

保険に加入する段階で、その会社が直接支払い制度に対応しているかを確認しておくとよいでしょう。

 

また、直接支払いに対応してくれる病院を教えてくれる保険会社もありますので確認してみてください。

 

薬は病院から処方箋をもらって自分でドラッグストアに購入しに行きますよね。そのためどちらの方法を選んだにしても、薬の費用だけは保険会社から後日こちらに支払いがあります。

 

必要書類

保険会社はこちらの記事でご紹介したサイトで契約した会社です。

www.keira-p101.com

 

提出したのは以下の4つの書類。

・診断書(英語ではMedical Record)

・病院からの領収書・レシート

・処方箋薬を購入した際のドラッグストアのレシート

・保険会社の保険金請求書類

 

診断書は病院に依頼してから大体1週間で作成してくれました。

 

手続き期間・支払い

保険会社に必要書類を送ってから約2週間で支払いがありました。病院にかかってからだと3~4週間くらいです。

 

直接支払いに対応してくれた病院へはすでに保険会社から支払い済みだと連絡があり、薬代はチェック(小切手)で郵送されてきました。

 

自費で全額支払った病院代についても、チェックが保険会社から届きました。

 

おわりに

詳細は加入する保険や病院によっても変わってくるかもしれないので、私の今回の記事を参考にしていただきながら、詳しくは病院・保険会社にご確認くださいね!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪