オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

レシピがなくてもお菓子作りをする方法

お菓子作りはきっちり何グラムと分量を量らないと失敗するって言いますよね。でもわざわざレシピを引っ張り出してきてみながら作るのって面倒です。

 

その手間がなければもう少し頻繁にお菓子を作るんじゃないかと思ったりします。そんな時にカラフルな表紙が印象的なこの本を見つけました。

 

比率で料理

その方法とは、比率を使うこと。

 

この本には、Dough(パンなどこねるタイプの生地)、Batter(クレープなど液体状の生地)だけでなくソーセージ、ドレッシングなどのそれぞれの材料の比率とそれを使ったレシピが載っています。

 

例えばマフィン生地「粉2:水分2:卵1:バター1」といった具合です。

 

比率を一度覚えてしまえば、レシピを参照しなくてもお菓子ができてしまうんです。

 

お菓子作りって不思議!

パウンドケーキとスポンジケーキはどちらもバター:砂糖:卵:小麦粉の割合が1:1:1:1で、違いは混ぜ方と順番だけというのを読んで、お菓子作りは奥が深いと思いました。

 

ケーキのバリエーションはたくさんありますが、材料は上の4つが基本で比率と混ぜる順番と混ぜ方が違うだけ。考えた人、すごいですよね!

 

レシピの応用やオリジナルレシピ開発に

これを使えば少しだけ作るときもたくさん作るときも対応できるし、ちょっと自分なりにアレンジを加えることもできます。

 

もっと上級者になれば、オリジナルレシピを考えるのにも役立つんじゃないでしょうか。プロの方はこういう比率をたくさん把握しているのかもしれませんね。

 

おわりに

日本語訳は今のところ出ていないのですが、表紙のすぐ後にこの本で紹介されている比率がすべて載っているので、英語があまり得意でない方も参考にできるんじゃないかと思います。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

ブログランキングに参加しています。
どちらかクリックで応援していただけたら嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ