オップラ!

日仏ファミリー目線で綴るカナダフランス語圏ケベックでの毎日。時々フランス・文房具

【子連れ海外移住半年目】カナダ生活5か月間で感じたこと、天候・子育て・言葉・ホームシックなど


f:id:keira-p:20180103235814j:plain

我が家は1月末でカナダにやってきて半年が経ちます。

 

様々なことが今までとは違うので慣れるまで時間もかかりますし、うまくいかないこともあって最初はストレスもたまりました。

 

少し早いですが、私たちが移住半年間でどんな壁にぶつかり何を感じたのかの振り返りと、寒さ・保育園・言葉・ホームシックなどをまとめて2018年最初の記事とします。

 

気持ちの変化や生活全般のこと

最初の2か月はストレスばかり

カナダのフランス文化圏と聞いていましたが実際はかなり北米的で、来ていきなりカルチャーショックを受けます。

 

それに当初は手続きなどやることがたくさんで、身体的にも精神的にも疲れることが多かったです。

 

住まいがなかなか決まらなかったり、娘が病気になったりとトラブルもあってストレスはいきなりマックスでした。

 

家具など大きめのものを一通りそろえないといけないのに、夫の仕事はまだ始まっていなくて収入もなく、ただお金ばかりが出ていくという状況もストレスでした。

 

でも「誰もが通る道だよ」と色々な国からやってきた先輩移民たちに励まされ勇気をもらいました

 

本当は「大変だね、よしよし」と言って欲しかったのに「あ~それね!あったね!」みたいな反応で拍子抜け。かえってそのおかげで明るくなれた気がします。

 

4か月ごろから落ち着き始める

夫の仕事が始まり現地の知り合いが増えてくると、現地事情が少しずつ分かるようになってきました。

 

近所のお店や相場がだんだん分かってきて、経済的に無駄のない生活が少しずつできるようになりました。それまでは無駄に高いものを買っていたかもしれません。

 

何も分からない時期に生活に必要なものをたくさん買わなければいけないのは厳しいですね。

 

カナダの人の優しさや治安の良さが見えてくるようになったのもこのころです。生活が落ち着くまでは外に目を向ける余裕がなかったんですね。

 

娘のこと

移動が多かったり病気をしてしまったり、小さいのに大変な2017年を過ごした娘、成長しました。言葉はゆっくり目ですが、日本語・英語・フランス語が出てきています。

 

9月ごろから保育園に通っていて、お友達もできたみたいです。

 

ケベック州はカナダの他の州と違い、CPE(centre de la petite enfance)という保育園が一日7.75ドルと格安で利用できます。日本でいう認可保育園みたいなものです。

※2018年から8.05ドルに値上げされました。

 

私立の保育園は一日30~40ドルくらいなので、かなり負担が違いますね。

 

ただCPEは日本と同じで待機児童が多く、妊娠中から登録してから数年待って入るのが一般的です。娘もこちらに来る前に登録しましたがまだ待機中。

 

その代わりにファミリーデイケアは数が割とあります。ファミリーデイケアとは日本でいう保育ママの様なもの。

 

州からの補助金があるところとないところがありますが、補助があるファミリーデイケアは同じく一日7.75ドルです。

 

月170ドル(15,000円)程度で預かっていただけるのはありがたいですね。私立の場合は月660ドル(約60,000円)程度なので1/4の値段です。

 

カナダの冬、寒さは?

f:id:keira-p:20180104003746j:plain

ケベックにやってきて18年という知人は、この時期にこんなに寒いのは今年が初めてと言っていました。最近は-15~25℃くらいで体感は-40℃近くになることもありました。

 

ヒートテックのレギンス+パンツでも太ももが痛くなり、息をすれば鼻の中が凍ります(笑)

 

でもコートは-30℃対応だし室内は温かいし、がつがつ外出するわけでもないので今のところそんなにつらくないです。日本で過ごす冬の室内の寒さの方がきついかも。

 

体感気温が-20℃くらいまでだとあまり寒く感じなくなってきました。もちろんスノーブーツ、コート、ニット帽、手袋必須です。

 

言葉は?

フランス語が公用語の地域にいるのでフランス語は必須。

 

東京でフランス語学校に通っていたことがあるので言ってることはだいたい分かるんですが、フランス語でうまく返せません。単語力がないのと動詞の変化が危なっかしくて。

 

言語学習者のあるあるですよね、これきっと。

 

それでも英語ができるので問題なく生きていけてますが、英語力に頼らずフランス語だけで生活できるように今年は勉強を再開したいと思っています。

 

夫の家族とのコミュニケーションのためにもフランス語上達したいです。

 

ホームシックは?

これは私が少数派なのかもしれませんが、ホームシックはほぼありません。

 

和食が食べたくなることはあるけれど、自分で作ったりラーメン屋さんに食べに行けばそれで満足。日本のほうが優れていると思う物事はありますが、別になくてもこちらで人が普通に生活しているので大丈夫。

 

「日本に帰りたい、とにかく恋しい」という気持ちがなくて、我ながらちょっと寂しいです。

 

逆に帰る理由が何もないのでこのままだとずっと帰らないんじゃないかと思ってしまいます。正直、大金を払って日本に行くより別の国やカナダ国内に旅行に行きたいです。

 

とはいえ祖父母(私の両親)に娘を会わせられないのが申し訳ない気持ちはあります。どうか日本にいる家族には健康でいてほしいと願うばかり。

 

おわりに

夫婦ともに縁もゆかりもない土地にやってきてゼロからのスタート。来ていきなり何もかもがうまく回るとは思わないようにしていましたが、それでも最初はストレスが多かったです。

 

でも4か月目くらいからは落ち着いてきました。2018年はもう少し精神的なゆとりを持って生活できそうです。

 

本年も当ブログ「オップラ!」をよろしくお願いしますm(_ _)m