オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

バレットジャーナル持ち歩いてますか?持ち運び用の「サイドキック」始めました。

f:id:keira-p:20161104215830j:plain

先日バレットジャーナルを持って何回か外出してみた結果、持ち歩き用の手帳を用意することにしました。

 

今日はバレットジャーナルと併用する持ち歩き用の手帳「サイドキック」についてお話します!

 

バレットジャーナルを持ち歩いた感想

私がバレットジャーナルに使っているノートは、ロイヒトトゥルムのミディアム(A5)サイズです。小さめのバッグが好きなので、ノートを入れるとそれだけで重いしかさばります。

 

持ち歩くのは今回初めてだったんですが、出先で開くのって恥ずかしいものなんですね。こっそり開く怪しい人になってました(笑)

 

「あ、もしかしてバレットジャーナルやってます?」みたいな出会いがあったら素敵だなと妄想していたんですが、そんなことは起こらず……。

 

パーソナルなことも書いているので、失くしてしまうのも不安です。

 

この経験から、小さめの併用ノートを用意することにしました。

 

海外では?

バレットジャーナルが大流行中の海外でも、持ち運びについては悩んでいる人が多いみたいです。メインのロイヒトトゥルムのほかに、小さめのノートを「サイドキック」として併用している方もいらっしゃいます。

 

有名どころでは、このお二方。

Karaさん

Boho Berry | Get Inspired

Kimさん

Tiny Ray of Sunshine

 

サイドキック(sidekick)という単語には、仲間や相棒という意味があります。メインのバレットジャーナルのお供という意味合いなのでしょうね。

 

メインみたいに時間をかけてセットアップする必要はなくて、本当に外出先で必要になる情報だけを書けばOKです。

 

私が調べた中では、サイドキック用のノートにはトラベラーズノートや小さいサイズのロイヒトトゥルムが使われていました。

 

 

私のサイドキック

f:id:keira-p:20161104213911j:plain

100円ショップで買った手帳です。バレットジャーナルを始める前もA5とA6の手帳を併用していたので、今回もA6にしました。

 

いつも使っているバレットジャーナルのマンスリーログは、カレンダーじゃなくて縦一列に並んでいるオリジナル形式が私は好き。でもこちらはマンスリーカレンダーです。最低限でいいのでこれで十分!

f:id:keira-p:20161106103744j:plain

入れたのは予定とショッピングリスト。ショッピングリストはメインのバレットジャーナルからそのままふせんを移動して貼り付けるだけ。

 

Keyはメインと共通で使うため、表紙の裏にふせんで貼りました。

 f:id:keira-p:20161104213948j:plain

 

おわりに

こんな感じでサイドキック始めてみました。手帳を複数併用されている方も少なくないと思うのですが、どのように使い分けていますか?

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

今まで書いたバレットジャーナルについての記事をガイド的にまとめました。

www.keira-p101.com