読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オップラ!

小さな「よいしょ!」の積み重ね、そしてバレットジャーナル

【手帳術・ノート術】「ダッチドア」をバレットジャーナルと語学学習ノートで試してみたよ

スポンサーリンク


こんにちは、keiraです。以前から気になっていたノートの使い方「ダッチドア」というテクニックを、やっと試して見ることができたのでご紹介します。

 

バレットジャーナルのことをいろいろ調べているうちに知ったやり方ですが、他の手帳や学校の勉強に使うノートでもいろんな使い方ができそうです。

f:id:keira-p:20170213104550j:plain

Choose a Dutch Door - 24 Budget-Friendly Mini Makeovers - Coastal Living Photographer: Dominique Vorillon

 

ダッチドアとは

上の画像のように、上下で分かれていて別々に開け閉めすることができるドアのことをアメリカ英語でDutch Doorと言います。見た目がこのドアに似ていることから、ダッチドアと呼ばれるようになりました。

 

バレットジャーナルのダッチドア

f:id:keira-p:20170213105536j:plain

christina77star.co.uk: Dutch Door Ideas for your Bullet Journal

 

こういう風にページを好きなところで横に切って使います。でもノートを切るのに抵抗があって縦半分に折って対応している人もいます。

 

私も後者のやり方のほうが始めやすそうだと思ったので、はさみは使わずにウィークリーページにダッチドアを取り入れてみました。

 

ウィークリーには見開き1ページを今まで使っていたのですが、今回はそこにダッチドアを1枚挟んでTo Doやトラッカーなどを入れました。

 

折っていないとこんな感じ。

f:id:keira-p:20170213174647j:plain

f:id:keira-p:20170213172325j:plain

 

月~水のページから見て谷折りにするとこんな感じ。

f:id:keira-p:20170213172329j:plain

f:id:keira-p:20170213172334j:plain

 

今度は山折り。

f:id:keira-p:20170213180343j:plain

f:id:keira-p:20170213180434j:plain

 

月~水のページを開いているときも、木~日のページを開いているときも、ダッチドアの折り方を変えることで全ての内容を確認することができます。

 

語学学習に使ってみた

これバレットジャーナルじゃなくても手帳やノートにも工夫次第でいろいろ使えそうです。

 

そこでぱっと思いついたのが語学学習のノートへの活用。むかーし使っていたフランス語のテキストをクローゼットから引っ張り出してきて試しにやってみました。

 

ダッチドアにするページを挟んで見開きにダイヤログを書き写し、ダッチドアには単語や動詞の活用を記入。

f:id:keira-p:20170213172443j:plain

 

半分にフランス語、もう半分に日本語訳と活用を書けば、半分を隠して暗記に使うことができそうです。

f:id:keira-p:20170213172447j:plain

 

おわりに

工夫次第でいろんな使い方ができそうです。dutch doorで検索するといろいろ画像や動画が出てくるので、ご興味のある方は調べてみてくださいね^^ 。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

【関連記事】

www.keira-p101.com

ブログランキングに参加しています。
どちらかクリックで応援していただけたら嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ