オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

夫の言葉「無難なブログはつまらない」に悔しいけど納得

f:id:keira-p:20161214192019j:plain

来週でこのブログを初めて6か月になります。今まで楽しかったし勉強になったし始めてよかったです。読んでくださった方、本当にありがとうございます!

 

でもブログ開始時からずっと悩んでいたことがあります。

 

無難な内容を選んでしまう

自分が書いていることが間違っていたらどうしよう、うまく文章で表現できずに別の意味合いで読まれたらどうしよう、私が書いた記事で誰かを不快にしてしまったらどうしよう、批判的なコメントが来たらどうしよう、と常に思いながら半年書いてきました。

 

それで無難なトピックを選んだり、自分が書きたいテーマで書き始めてもどんどん修正していくうちに一般化したり、当たり障りのないどっちつかずな内容になってしまっています。

 

もやもやするし、つまらない

自分の思っていることをぼかして書いているので、それが続いてフラストレーションがたまっていることをたびたび夫に話してきました。

 

すると夫は「無難にまとめたブログなんて面白くないし、誰も見ない。今から言いたいことを言うのが難しければ、別のブログを始めれば?」と提案してきました。

 

確かにそうです。書いていても読んでいても面白くない。いろんなことに配慮して書いているつもりが、なんとも中途半端なブログになってしまっていました。

 

ちなみに今後別のブログを始めることはあるかもしれませんが、今のところはこちら1本でやりたいと思っています。

 

書きたい事を書こうと思う

記事の種類にもよりますが、個人ブログなので一般論や受けがよさそうなことじゃなくて、私自身が経験したことや私個人の主張をもう少しはっきりさせていこうと思います。

 

もし万が一私の記事を読んで不快に思われた方がいらっしゃったら申し訳ありません。今までもこれからも、誰かを傷つけることは私のブログの意図するところでは決してありません。

 

「こういう考えもあるんだな」とか「思っていたことを代わりに書いてくれてありがとう」と思ってもらえたら嬉しいですが、そのためにはこんな弱小ブログじゃダメなのでこれからも頑張ります。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪ 

 

【関連記事】

www.keira-p101.com