オップラ!

フランス、カナダ、バレットジャーナル、そして日々の生活のこと

NHK-Eテレの英語番組が今までの英語教材と違ってかなり使えそう

f:id:keira-p:20170415184313j:plain

普段テレビはほとんど見ないのですが、娘に教育番組を見せるためにEテレをちょっと前からよく見るようになりました。

 

娘の番組の後が英語番組のこともあるので気になってそのまま見てみたら、どれも今までの英語教材と違ってかなり実践的でびっくりしました。

 

しごとの基礎英語

cgi2.nhk.or.jp

【放送曜日と時間】

火曜(月曜深夜)1:00~1:40

再放送は月曜10:15~10:55

 

架空の会社のプロジェクトに関するミーティングや打ち合わせ、社外の人との対応などのスキット。

 

その劇の中に登場する人たちにはみな脚本があってその通りに話を進めていくのですが、その中で一人篠山輝信さん(Aki)だけはセリフが与えられていません。

 

突然同僚や上司に「これやっておいて!」「これを言っておいて!」とふられたときにとっさに自分で考えて英語で答えなければいけないんです。

 

Akiの英語を態度・文法・ビジネスシーンで意味が通じるか適切かを3人のジャッジが判定します。

 

この番組を私がすごいと思う理由は、リアルだから。

 

日常やビジネスで英会話を使うシーンでは、単語を調べたり文法を確認し推敲する時間はありません。とっさに自分が知っている単語と表現で何とか自分が言いたいことを相手に伝えなければいけないです。

 

この番組を見ながら自分でも考えてみることで、実践にかなり近い状態で練習できます。

 

さらに篠山さんにしてみたら、俳優さんとはいえ自分の間違った英語をさらけ出すのって恥ずかしいと思うんですよね。しかもテレビで指摘されるんだから。

 

でもこれって英語学習者に必要なことです。

 

留学中に実体験したり先生にも言われたことなのですが、日本人は間違いが怖くて発言をしない傾向にあります。だからあまり上達しないし何を思っているのか伝わらりません。

 

失敗を恐れずに練習することの大切さも教えてくれているのも、この番組を私がいいと思う理由です。

 

エイエイGO!

www2.nhk.or.jp

 

【放送曜日と時間】 

土曜日11:00~11:20

再放送は月曜日5:30~5:50

 

日本人がやってしまいがちな間違いがなぜ起こるのかを明確にして、どうすれば英語で話せるようになるのかを教えてくれる番組です。

 

今日の回では、日本語と同じ感覚で英語で話す時も主語を抜かしてしまう、主語の後に動詞でなく目的語を持ってきてしまうという間違いについてでした。

 

そこで、日本語の文章を英語にする前に日本語で主語と動詞を考えるというトレーニングをしていました。

 

日本語:「君を愛しているよ」

主語と動詞は?

主語:私

動詞:愛している

英語でいうと?

「I love you.」

 

とこんな感じです。

 

単語等の知識は割とあるのに話せないのは、こういう日本語と英語の文法の違いを攻略できるかどうかが大きいです。そこに目を付けている面白い視点の番組です。

 

他にもアルファベットの発音、アクセントの付け方の練習もあります。

 

えいごであそぼ with Orton・選

www.nhk.or.jp

 

【放送曜日と時間】

月~金 6:45~6:55

再放送 月~金 17:10~17:20

 

最後はキッズ向けの英語番組。英語の音にフォーカスした番組です。日本語にはない発音をうまく発音できるようになるための練習がたくさん登場します。

 

前回見た時には割りばしなどで作った道具を口にくわえて、舌の位置を確認していました。

 

子供の英語番組ですが大人が見ても勉強になると思います。

 

おわりに

こういう英語の授業や教材が私が学生時代にあったら、英語の上達がだいぶ変わっていたかもしれないです。

 

他の言語でもこんな番組があったらいいですね。フランス語であれば真っ先に挑戦します!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

ブログランキングに参加しています。
どちらかクリックで応援していただけたら嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ